ばねに関する疑問や質問、どんな事でもばねっと君におまかせください!
いろんなご意見・ご要望どしどし書き込んでね、待ってま〜す(^^)
---------------------------------------------------------------------
■ばね設計には欠かせない!?「ばね設計資料」
■「まかせなはれ!オーダーメイド」の東海バネ「トップページ」
---------------------------------------------------------------------
  <<   新規投稿   ツリー表示   一覧表示   携帯用   検索/過去ログ   ホーム  
  SK5Mの疲労限度曲線について

[3415] ばねっと君
[3414] ishikawa
[3409] ばねっと君
[3408] ishikawa
[3407] ばねっと君
[3406] ishikawa

Name: ばねっと君
Date: 2016/06/09(木) 16:43
  引用  編集 
Title: Re:SK5Mの疲労限度曲線について    
角部の応力につきましては計算上変わりませんが、実際の発生応力につきましてはデータがなくわかりません。但、密着付近での使用はヘタリやすくなるのは事実であり、荷重の立ち上がりを考慮して使用最大たわみは75%以下での使用を推奨しております。


Name: ishikawa
Date: 2016/06/09(木) 16:00
  引用  編集 
Title: Re:SK5Mの疲労限度曲線について    
何度ものご質問で恐縮です。

たわみ量が75%を超えると、荷重が急激に増加するとの
ことですが、発生応力も荷重と同じように変動するのでしょうか。
それともやはり、発生応力は形状依存となるので、サラバネ寸法(板厚、外径、内径、高さ)とたわみ量による計算になるのでしょうか。


Name: ばねっと君
Date: 2016/06/07(火) 17:18
  引用  編集 
Title: Re:SK5Mの疲労限度曲線について    
感覚的には、荷重値に応じて応力が変動するかと思われますが、計算式から見た場合、計算応力値は荷重値には影響されす、サラバネ寸法(板厚、外径、内径、高さ)とその時のたわみ量で決まります。角部の応力はサラバネ形状に大きく左右されるようです。

Name: ishikawa
Date: 2016/06/07(火) 16:55
  引用  編集 
Title: Re:SK5Mの疲労限度曲線について    
ご回答ありがとうございます。

素人ながらの質問で申し訳ありません。

もう一つ教えていただきたいのですが、JISB2706では
板厚が0.25〜1.2の場合、たわみ比0.75の荷重の許容差が、
+25%〜-7.5%と記載されていますが、この許容差の値に
比例して、皿バネの角部の発生応力も変動するものなのでしょうか?




Name: ばねっと君
Date: 2016/06/07(火) 09:55
  引用  編集 
Title: Re:SK5Mの疲労限度曲線について    
疲労線図につきましては、JIS B2706(サラバネ)に記載の繰り返し特性(弊社HPの技術情報にも記載してます)がありますが、これは材質SUP10の場合の特性であり、SK5Mの場合、これらの図の80%とみなしたほうが良いと、JIS B2706の解説に記載されています。
SUP10の疲労線図の80%として評価してみてはいかがでしょうか。


Name: ishikawa
Date: 2016/06/06(月) 21:25
  返信  引用  編集 
Title: SK5Mの疲労限度曲線について    
教示ください

現在SK5Mを素材とする皿バネで、耐久試験を実施しているのですが
120万回以上動的に荷重を加えたところ、6サンプルのうち、1例のみ120万回に至らずに破損してしまいました。

破面は疲労破壊の様相でしたが、6件中1件のみ発生した事象のため強度的に不備があったのか、他要因の影響か検討を進められずにいます。

疲労限度は想定しているのですが、荷重を負荷する回数と限度応力を記載した資料等ありましたら、教示頂けますでしょうか。



 
名前
MAIL
URL
タイトル   簡単タグ入力
コメント
添付   >>お絵描き
アイコン  Icon List
背景色
文字色
   名前などを保存する  プレビュー        削除キー 



削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +